革靴とスニーカーのおしゃれセレクト情報記

メンズシューズからおすすめの革靴、スニーカーを中心に独自判断で紹介中です。

このまま自粛が長引いたら、ネット通販で靴を買うか?買わないか?の話

 今年のゴールデンウィーク

街に出掛ける事が難しくなっており、靴を見に出かける事が難しくなっています。

 

 こういった時は、ネット通販で買えば便利と言えば便利ですが、

個人的にリアルショップで、お買い得靴を見つけて買うのが良いと思っています。

 

 理由は、色々ありますが、

実際に実物を見てビンと来た靴の方がサイズ感やフィット感、

また雰囲気など総合的に見て決める所が大きいからです。

 

 この辺りはサイズ交換無料と言ったネットサービスもありますが、

届いてみたらイメージと違うとか、思っていたより色目が違う。

素材感が期待していたより違っていた。思っているより履き心地が悪かった。

 

 など、色々と違う可能性もあるからです。

 

 以前、あるブランドのジーンズがネットで安く販売されており

購入しましたが履き込みとかポケットの位置、素材感など、色々と違っていたので、

かなり微妙な買い物になってしまいました。

 

 ここのブランドノジーンズは

ポケットが大きくて収納が便利と思っていましたが、久しぶりに購入したジーンズでは、ポケットも浅めで、位置も微妙に低く、手を入れ難い作りでした。

 

 素材感がデニムの厚手の素材と思っていましたが、

かなり薄かったので、かなり違った物が届いてしまいました。

 

 この辺りはカバンでも、以前買ったモデルをベースに

買って、以前と比べてかなり変わっていた。みたいなパターンもありました。

 

 実際に、このまま

しばらく外出で買い物に手掛けられなかった場合、

近くのスーパーで靴を買うとか、ホームセンターで買う事になる可能性もあります。

 

 スーパーで1番高い革靴モデルで2900円代となるので、

けっこう微妙な感じになります。スニーカーもだいたい高いモデルでも同じくらいです。

 

 ホームセンターでは、最近アシックスとプーマの

ワークブーツとシューズが販売されており、けっこうデザインとしては、

おしゃれな感じでした。ただ、ワークモデルなので、実用モデルになります。

 

 以外に同じモデルが販売されて無いメーカーもある

 

 ナイキなどスポーツブランドのモデルでは、

毎シーズンデザイン変更するシリーズもあります。

 

 ニューバランスも気に入っていたモデルがあっても、

次に買いたい時は販売が終了していたりすることもあり、この辺りから、

定番モデルの中から探してネット通販で買った方が良い可能性もあります。

 

 仮にこれまで買った事のある靴の中で

足に合った靴を探して革靴になると、意外に少ない感じです。

 

 理由は、元々黒の革靴など

それ程買い替える頻度が低いのと、実際に履いた事のあるブランドで

比較的失敗し難い所では、日本の革靴メーカーになると思います。

 

 実際におしゃれな雰囲気とかで買う靴より、

実用的な靴となるので、特別買い替える事が少ない靴になります。

 

 スニーカーでは、実用的に普通の普段履きでは

スーパーで販売されているスニーカーでも良いかな?みたいになります。

 

 スーパーで販売されているスニーカーは、どんな感じ?

 

  スニーカーの場合、

ある程度、ミッドソールなどしっかりしているモデルもあり、

この辺りのモデルになると、特別安いから、履き心地が極端に悪い。

と言った事も少なくなっています。

 

 ある程度、慣れも必要ですが、

インソールなど入れてある程度履き心地を改善する方法もあります。

 

ただ、おしゃれさとかデザイン性といった所では、今1つ、違う感もあります。

 

  ネットで買うモデルでは、買った事のあるモデルのスニーカーと

買った事のある革靴メーカーの同型タイプでは、ネットで買っても特別、失敗しないと思います。

 

個人的に買って足に合うブランドとモデルでは、

革靴では、リーガルのビジネスシューズ、オールデン チャッカブーツ

大塚製靴のモンクストラップ、レッドウィングのブーツ、ニューバランス、ナイキ、アディダスコンバース、スピングルムーブ、アシックス、ミズノ、アサヒシューズなどがあります。

 

 ジョンロブもありますが、

さすがに値段が値段なので、新品で買うのは、けっこうハードルが高いです。

 

 他のブランドの靴やモデルも色々ありますが、

以外に革靴ではリアル店舗で買っても、失敗した靴も多く、難しい感じもあります。

 

 以上の感じで、意外に足に合った靴探しは、

意外に難しかった記憶もあります。革靴では、購入した中で

結果的に20足近くは、あまり足に合わなかったところもあります。

 

 サイズ合わせでしくじると、結果的にあまり履かない靴になってしまうからです。