革靴とスニーカーのおしゃれセレクト情報記

メンズシューズからおすすめの革靴、スニーカーを中心に独自判断で紹介中です。

革質の良い革靴で価格の違いは、どこが?違う話

 革靴は革質が良い靴が高級ブランドのモデルでは、多いです。

実際に革質が良ければ良いか?と、尋ねられると、革質が良くて作りも丁寧でしっかりした革靴が良いです。

 

 なので革質がめちゃくちゃ良くても

靴の作りが雑だったりすると、良い革の靴でも良い靴とも言えないです。

 

 革質が良い靴は、基本的に作りも良いモデルが多いです。

 

 ただ、次の様な所もあります。

 

 革質が良くても作りが悪いモデルもある

 

 コスパの良い革靴。と、いったモデルがあります。

実際にコスパの良い革靴では、高級靴と同じランクの革を使っています。

 

 製法など高級靴と同じ製法で作っています。

 

 と、いった事で、欲しくなって買ってしまう所もあります。

 

 私の場合、そこまでコスパの良い。

と、言われている革靴は、持ってないです。

 

 なので比較が難しいですが、次の感じです。

 

 革質が良くても、最高ランクの革部位でもない。

 

 たとえば、同じブランドのカーフでも、

やっぱり革の良い部位と悪い部位があります。

 

 基本的に同じメーカーの革でも部位によってランクが違って来ます。

 

 なので購入初心者では、

メーカーさんのセールスポイントだけに目が行ってしまい、

なんとかの革と同じクォリティと、思ってしまいやすい所もあります。

 

 グッドイヤーウェルテッド製法でも、

縫製の縫込みの密度とか、見えない部分の素材クォリテイ、

作り込みの手間もあるので、革質だけでない所もあります。

 

 コスパ靴では立体的な履きやすさなど、

実際に履き比べてみないとわからない所もあります。

 

 以上の感じでコスパ靴の魅力もありますが、

ぱっと見では、見えない作りの差、素材の差もあるので、

意外に難しい所もあります。

 

 その他では、高級靴では、

修理しやすく作られている所もあるので、

長く修理して履けるメリットもあると言われています。

 

 以上の感じで、コスパにこだわりすぎて、

ゆとりのない作りと一見、高くても、ゆとりのある作りの差もあります。

 

 コスパ靴では、修理し難い可能性や、

また不具合が出てきて、早く修理を行う必要が生じる事もある話もあります。

 

 なので、長く使う予定では、

多少高くても信頼性の高いブランドや修理のアフターフォローが

しっかりしている所を選ぶ事も大切になります。

 

 高い靴の欠点もあり

純正メーカーの修理代金が高額過ぎる所の話もあります。

 

 と、いった感じで、靴選びに悩む日々が続く事もあります。

 

 

 また、革靴であるある。な所では、

初めに高級革靴を履いたことが無いと、

あまり差が分からない所もあります。

 

 なので、ちょっと背伸びして

高めの革靴を手に入れて比較してみるのも おすすめです。

 

 スコッチグレインの靴など修理対応もされているので、

コスパ靴の中では、信頼度が高いです。

 

www.scotchgrain-shop.com

 

 欠点としては、アウトレットなど

安いモデルでもしっかりしているので、

それで革靴を買わなくても良くね?と、なっている所もあります。

 

 私の場合、満足度が高かったので、

もうちょっと高いモデルを選んでも良かった気もしています。

 

 

 

 

ゴアテックス仕様の靴は、おすすめ?な話

 ゴアテックス素材は、内側の湿気を逃がして

外からの水は、通さない事で快適な着心地、履き心地を

提供する事で人気があります。

 

 ゴアテックスについては、

けっこう前からある素材なので特別目新しいハイテク素材でも無いです。

 

 ゴアテックス素材のメリットは、

雨の日でも内部に浸水しないで蒸れも緩和するので、良い面もあります。

 

 一方、晴れの日など、雨の日を気にしなければ、

特別ゴアテックスの素材で無くても通気性の良い素材を

使っている靴でも良いです。

 

 また、ゴアテックス素材も長く使っていると、

素材がすれて穴が開いたり、傷んでくると機能性を失ってしまうので、

半永久的に使えるか?と、なると、買い替える必要もあります。

 

 なので、革靴など

何年もソールを張り替えて履く靴の場合、

ゴアテックスの張替えが出来ないと防水性は、

続かない所もあります。

 

 色々、ゴアテックスモデルも

販売されていますが、ある程度買い替え前提で購入する感じです。

 

 快適なのか?と尋ねられると、雨の日など浸水しなくて、

比較的ムレ難い事がメリットです。普段、ほとんど雨の日に外に出ないとか、

屋内だけでしか履かない。みたいになると、普通に通気性の良い靴を履けば、十分な感じもあります。

 

 劣化など気にしたら、

雨の日や天候不順の日専用で履くのも良いと思います。

 

 


 

 

 デメリットは、あまり無いですが、

普段に晴れの日に履く場合は、メッシュなど通気性の良いモデルの方が

ムレ難いので、ゴアテックスだからムレ無いとも違います。

 

 合皮の靴で

湿気が外に逃げない素材では、合皮の方がムレ難いので快適です。

 

 また、ゴアテックスで無いモデルで浸水するアッパー素材では、

雨の日や水たまりに入ると足が濡れてしまうので、ゴアテックスの方が良いです。

 

 晴れの日では、合皮素材など

透湿性のないタイプの素材よりは、快適ですが、

革靴や通常の通気性のある素材の靴を履いても、それ程、差は感じにくいです。

 

 通気性の良い靴と履き比べると、ゴアテックスで覆われている分、

通気性としては、ゴアテックスで無いモデルの方が快適に感じられる

モデルもあります。

 

 全天候型で履けますが、

特別、雨の日を気にしなければ無理にゴアテックスで無くても、

それ程困る事も無いです。

 

 雨の日が気になる人では、

ゴアテックスモデルを揃えていれば、安心です。

 

 私の体感では、

特別、雨の日に履く事が少ないので、

ゴアテックスの恩恵については、あまり感じられなかったです。

 

 機能的で快適な面もありますが、

全ての素材、モデルにおいて快適と尋ねられると

気候や天候によってパフォーマンスの良い時と、普通の場合があります。

 

 服でも、夏に半そでのTシャツを着ていて、

冬では、ダウンジャケットを着る。みたいに、気候によって、

使い分ける所もあるので、全天候型で使えるけど、全ての面において、

最強とも違う感じです。

 

 比較的、万能型でも気候や天候に合わせた

専用の素材モデルを履く方が、快適性では良い。と、いった感じです。

 

 ゴアテックスだから、めちゃくちゃ高い。と、

いった事も無いので、手に入れておくのも良いと思います。

 

2023年に選ぶ革靴の話

 2023年を迎えて、新しい靴選びとしてチェックしました。

 

 今年の靴の動向では、やっぱり革靴は、

高価になってしまった感が高まっています。

 

 その分、1足選ぶのも慎重になっている所もあります。

 

 慎重に選ぶと定番モデルになる

 

 靴好きでガンガン、買っていける人は、

予算を気にしないで、色々選ぶことも可能ですが、予算が限られていたり、

1足で多用途に使いたい場合は、なるべく汎用性の高いモデルがおすすめです。

 

 ガンダムのMSで例えると、

ガンダムRX-78などファーストガンダムみたいに多用途に使えるタイプになります。

 

 多用途で頑丈でみたいになると、

デザインでは黒のストレートチップ

カジュアルよりではプレーントゥになります。

 

 ストレートチップでは、スコッチグレインも良いと思います。

 

雨の日にも行けるタイプで

ソール交換も可能なグッドイヤーウェルテッド製法モデルになります。

 


 

 

 

 値段的には、ちょっと背伸びして手が届く程度の価格帯です。

 

 実際に私の体験では、よほど、こだわりが無ければ、

ハイモデルよりも、汎用性の高いモデルでも良いと思います。

 

 専用モデルを揃えて行く。

みたいなのは、ゆとりがある人向けになります。

 

 基本多用途で履ける方がラクな面もあります。

 

  私が所有しているモデルでは、

山陽山長とか、チャーチとか、サンダースなどもろもろあります。

 

 こっちになると、普段に履く靴としては、

高価になってきているので、どちらかと言えばお出かけ用になってくると思います。

 

 私の中では、

アサヒシューズのプレーントゥの革靴が汎用性が高く、

特別、革靴にこだわり過ぎなければ、掃き心地や耐久性などから、おすすめです。

 

 革質とかそっちに行くと、スコッチグレインになると思います。

 

一生モノ モデルは、意外に出番がない。

 

 革靴の中で一生モノとか呼ばれるランクのモデルもあります。

修理をして長く履けるから一生モノ。と、なりますが、個人的には、

飽きてきたり、掃く出番がないまま、買っただけになってしまう所もあります。

 

 履き心地や消耗品として考えると

スニーカーを選んだ方が、履きやすいと思います。

 

 価格的には、

1万円クラスまでのスニーカーで良いと思います。

 

 それ以上のモデルでも良いですが、

基本的に耐久性では、それ程差があるとも言えないところもあります。

 

 ニューバランスのスニーカーも人気ですが、

耐久性や消耗品的に考えると、やっぱり1万円代クラスでも良いと思います。

 

 ハイモデルも履きやすいですが、どちらかと言えば、

おしゃれ用とか、履き心地重視とかなので、消耗品として履くモデルとしては、

もったいない感もあります。

 

 数万円クラスのスニーカーをガシガシ履きつぶす。

みたいになると、スコッチグレインの3万クラスのかわぐつをガシガシ履きつぶす。

みたいなのと同じ感じになります。

 

 私みたいに色々、靴の数が増えてくると、

高価な靴は、たまに履くとか履く場所を選んで使うので、それ程傷まないですが、

消耗品として選ぶには、もったいない感もあります。

 

 ある程度数が増えると、

安いモデルでも履く頻度が少なくなって来るので、

それ程、気にしなくても良い面もあります。

 

 1足だけ履きつぶす。みたいなのは、

靴好きでおしゃれに楽しむ場合は、あまりない履き方になると思います。

 

 高くなっても欲しいモデルは、買う。

 

 個人的に、革靴については、

欲しい時に欲しいモデルを買った方が良い面もあります。

 

 昔、私がパラブーツを買ったり、

レッドウィングのエンジニアブーツを買ったりと、

色々、買って履きました。

 

 今買おうとすると、

2倍以上の価格になっているモデルが多いです。

 

 履きやすい靴を履くのも、

日々の生活では快適に過ごせたり、

なんとなく良い靴を履いているだけで、楽しい気分になる所もあります。

 

 

年末年始は、靴を熱く語る?話

 年末年始は、

ユーチューブでも色々と靴について熱く語る動画もあります。

 

 私の場合、特別、そこまでの熱い気持ちも薄いですが、

今年と来年の靴について、考えてみました。

 

 コロナが収束したら変化する?

 

 コロナ前と比較すると、

まったく全部元通りになる事は、少ないと思います。

 

 他ではインターネットで全て賄えるか?となると、

ネットの場合、適切に靴を選ぶアドバイスを得る事が難しいです。

 

 他では価格的に掘り出し物を見つけたい場合、

リアルショップの方が出会いが起こりやすい所もあります。

 

 そもそも、ネット通販に不向きなモデルもあるので、

ひういったのは、リアルショツプで探した方が良いかも知れません。

 

 革靴は、どうなる?

 

 革靴について

一定のニーズがあるので、いくらか戻ってくると思います。

 

 スニーカー等については、お出かけが増えると

やっぱり履いている人で見比べたりするので、おしゃれなモデルとか

流行のモデルも増えると思います。

 

 プチプラの靴など比較すると、

やっぱり物足りない感があると思います。

 

 不景気の影響は、ある?

 

 景気の影響は、少なからずあると思います。

ですが、必要性があるから入手するモデルは、

高くなっても購入する方は購入すると思います。

 

 趣味の物とか、多数購入している方では、

多少は控える可能性もあると思います。

 

 全般的に値上がりしている分、靴の購入予算も、

多少減らしていく可能性もあると思います。

 

 私の場合

 

 私の場合、靴の購入について、しばらく見送り傾向です。

理由は、マイブームで色々揃えたので、

ある程度履き込んで数の調整が済むまでは、見送り傾向になると思います。

 

 おしゃれな革靴については、今の感じでは、未定です。

 

 普段用の革靴も、

スニーカーを履く頻度が増えたので、予想と比べて、

後、2年は購入しなくても持ちそうです。

 

 ヘビーローテーションでプチプラ靴を履けば傷むかもしれませんが、

ほとんど屋内履き、車の運転など、あまり歩かないので傷まないです。

 

靴のメンテにこだわる?

 

 靴のケアグッズなど、一時色々、揃えましたが、

最近は、ほとんど革靴を履かないので、半年に1回程度の

ケアになっているモデルもあります。

 

 なので、あまり靴クリームやケアアイテムも必要ないです。

ケアグッズの使用頻度が低くなると、靴のケアなど依頼した方が

安い可能性もあります。

 

 プチプラ靴を買う?

 

 買わない事も無いとおもいますが、

履き心地やデザインなど、良い物があれば買うかも知れません。

 

 今の流れでは、1万円から2万円クラスのスニーカー、

革靴を所有すると、かなり長持ちするので、プチプラ靴を購入する

必要性では低いです。

 

 履き心地が、そこそこ良いモデルの方が、

毎日履く靴では、疲れにくくてラクな面もあります。

 

 熱く語っている動画を見ても、

そんなに履き倒すほど履き込むのは、難しいと思う所もあります。

 

 レッドウィングのブーツをボロボロになるまで履き込みました。

みたいなのは、今の私では、中々そこまで履き込むことが出来ないので、

そういった履き込みチャレンジは、難しいです。

 

 スニーカーがメインになる?

 

 スニーカーでも、

それ程履いて歩かなければ、そこそこ長持ちします。

なので、わざわざ修理してまで履きたい革靴は、あまりないです。

 

 多少のすり減りは、

セルフリペアも出来るので、スニーカーのアウトレットモデルなど

普段履きとしてはおすすめになっています。

 

 コロナの影響が現在より改善されて電車に乗る機会が増えてくれば、

ハイスペックなスニーカーも必要になって来るかも知れませんが、今の所、

それ程、必要性が無い感じです。

 

 

 

所有している革靴が高くなるのは、嬉しい?話

 最近は色々と物が値上がりしつつあります。

そういった中、以前購入した革靴の値段が上がっていると、

嬉しいのか?について考えてみます。

 

 その1足だけで次を買わなければ嬉しい。。。。

 

 最近の出来事では昔、

買ったまま塩漬けになっていた株の価格が上昇していました。

 

 配当金も少し増えて、嬉しい気持ちになりました。

 

 銀行株だったので低金利政策の煽りから、株価も低迷していました。

 

 今、実際に売って儲かる価格は2万円程度なので、

それ程バブル感は無いですが、こういった感じで上がると嬉しい所もあります。

 

 ただ、値上がりしているから、売るか?または、

買い増しするか?と、なると、けっこう難しいです。

 

 買って、また値下がりしてしまう可能性もあります。

その反面、さらに上昇してしまう可能性もあるので、どうなのかな。。。。

 

 と、複雑な心境になる所もあります。

 

 靴も、以前買って履いていブランドの靴が値上がりしていると、

あの時、売らなかった方が良かったかな?と、思ったり、またその一方、

また買うとなると、以前購入した金額からあまりにも値段が上がっていると

やっぱり、買う気持ちとしては、中々決断できないモデルも多いです。

 

 また、今持っている靴が

ダメになった場合、買い替える為の購入予算を

貯める必要もあり、悩ましい所もあります。

 

 値下がりしているモデルは、欲しかったら買い

 

 以前、プレミアムモデルとして

超破格値のついたスニーカーなど復刻されると、

価格が安く買えるモデルもあります。革靴では、

あまり無いですが、たまに廃盤モデルやアウトレットテモデル、セールモデルも

あるので、気に入れば買いです。

 

 

www.tradingpost-online.jp

 

 ハイブランドモデルは、

とりあえず、中古で妥協するのもあり。

 

 一生モノとか、絶対の1足といった買い方もありますが、

例えば、エドワードグリーンの靴だったら、とりあえず中古で安いのがあれば欲しい。

 

 みたいな場合、中古で探すのもありです。

 靴以外にも、中古ショップでインテリアや何か良い物もあるので、

そういったのもありと思います。

www.2ndstreet.jp

 

 ちなみに、革靴は、

売ると激安になる事もあるので微妙です。

 

 修理やクリーニングを行って売る場合、

そっちのコストが掛かるのもあるかも知れません。

 

 まとめ

 

 所有している靴が高くなると、なんとなく得した気分もあります。

ただ、実際に売るとなると、かなり安いので、半分以上は気分の問題になります。

 

 個人的には、高い、安いより、欲しいモデルか?どうか?

身の丈にあった予算内で手の届くモデルを選ぶのが良いと思います。

 

 無理して買っても、あとで後悔してしまう可能性もあります。

例えば、家や高級車など、ローンの支払いが続く物を手に入れると、

他の事柄に対して節約する必要が生じたりするので、その辺りも含めて、納得できる物を買うのが良いです。

 

 

高級革靴は定番モデルを選ぶのが良いと思う話

 靴選びも色々ですが、なんとなく

スニーカーなどファッション性の高いモデルでは、

新しいデザインのスニーカーが、おしゃれ。と、いったイメージがあります。

 

 実際の所、全体的には定番モデルを履いている人が多いです。

私みたいに、スニーカーや革靴など色々なデザインを選んでいる人の方が少ないのかな?と、思う時もあります。

 

 革靴は、定番モデルから探したほうが良いと思う

 

 スニーカーは、ハイテクモデルといったジャンルがあります。

なので、ある程度、デザインやはき心地など、新しい所もあります。

 

 一方、革靴になると、ほぼ決められたデザインが多く、

それぞれのブランドのアイコニックモデルがあります。

 

 新しモデルもリリースされていますが

個人的に、定番モデルを選んだ方がラクな面もあります。

 

 まず、ブランドの高級革靴では、

1足の価格が高額なので、毎シーズン買い替える人は、かなり少ないと思います。

 

 また、デザインもある程度、これ。と、

決めて買うまでの時間も長く、その間にコロコロデザインが変わると

決まらなくなる可能性もあります。

 

 私が購入しようと思っている

トリッカーズやジョンロブ、エドワードグリーンの革靴も

基本、定番モデルを候補にしています。

 

 ただ、購入時期は未定なので、

定番であった方が、買いやすい所もあります。

 

 最近はスニーカーも、

過去の名品モデルなど復刻リリースもあるので、

以前と比べて買い逃しても買いやすい所もあります。

 

 定番だから先送りもある

 

 定番モデルは、

特別販売中止にならない限りは、販売されているので、

買い替えや購入するタイミングなど選びやすいメリットもあります。

 

 ジョンロブやエドワードグリーンの革靴も

候補に挙げていても、気長に予算を工面しているところもあります。

 

 また、急に必要なものがあれば、先送りできるので、

中々、購入に漕ぎつくまで時間がかかるケースもあります。

 

 実際の所、高級革靴は、

履くためより手に入れるまでが目標みたいな感じです。

 

最近の高級革靴は、やっぱり高くなっていると思う話

 久しぶりに、私が所有している

チャーチ バーウッドの価格をオンラインショップでチェックしてみました。

 

 

www.church-footwear.com

 

 値段もかなりアップしており、前だったら、

ジョンロブが買える価格帯になっていました。

 

 もし今、この値段だったら、

エドワードグリーンを選ぶと思います。

 

CADOGAN/202E(シューズ)|EDWARD GREEN(エドワード グリーン)| STRASBURGO | ストラスブルゴ

 

 チャーチが悪いという事も無いですが、

私が購入した価格で比較すると、あまりにも値上がりしているので、

感覚的に価格がついて来てない所もあります。

 

 今の流れでは、価格が上がっても

下がることは低い感じになっています。

 

 チャーチは、比較的リーズナブルな

価格設定と言われておりましたが、最近は

高級ブランド路線に変更した所もあるみたいです。

 

 所有していても、ここまで値上がりしてしまうと、

気軽に履きにくい靴になっています。

 

 実際の所、レッドウィングのブーツも

かなり値段が上がってしまい比較的、手軽な所では、

ドクターマーチンくらいになっている感じです。

 

 日本のブランドでは比較的抑えめの価格です。

 

 今の感じでは、欲しいモデルがあれば、

多少背伸びをしても買った方が良いかも知れないです。

 

 さすがに、20万越え以上になってしまうと、

なかなか気軽に履く靴でもなくなって来る所もあります。

 

 車と比べれば安いですが

特別、そこまで高級靴を必要としないければ、

5万円くらいまでのブランドの革靴でも良いかな。と、いった所もあります。

 

 高級靴に関しては、より、趣味の高いジャンルになってきている所もあります。