革靴とスニーカーのおしゃれセレクト情報記

メンズシューズからおすすめの革靴、スニーカーを中心に独自判断で紹介中です。

スコッチグレインのアウトレットの革靴は、買った後、どうなった?話

  去年、買ったスコッチグレイン

アウトレットモデルですが、その後、あまり出番も無くなり、

休眠状態になっています。

 

 仕事のスタイルが変化した事もあり、

あまり革靴を履くシーンが無くなった所もあります。

 

 仕事で革靴を履くにしても、

アサヒシューズのプレーントゥモデル程度になっています。

 

 理由は、あまり高そうに見える革靴を履くと、

目立ちすぎてしまう可能性もあるからです。

 

 実際にアサヒシューズの靴でも、

高そうな靴を履いているね。。。

と、突っ込まれる事もあるので、バランス的には、

このくらいかな。。。。と、思っています。

 

 スコッチグレイン アウトレットモデルラバーソールモデル。

 

 グッドイヤーウェルテッド製法のモデルでは、ロープライスになります。

革質も良く、あまり革靴を履く事のない人でも、おすすめの1足に入ります。

 

 アサヒシューズ プレーントゥのモデルです。

履き心地では、スニーカーよりの履き心地です。

 

 メンテナンスも比較的簡単です、ソールリペアは出来ませんが

たまに履く程度では、長持ちしたりとりあえず、出かける時から普段履きまで便利な1足です。履き皺が荒い感じとか、色々な情報もありますが、カジュアル感では、この位の履き皺の方が良い感じです。

 

 ジーンズ等に合わせる場合は、

あまり高級感がでないモデルの方が良いケースもあります。

 

 ビジネスよりでは、スコッチグレインのモデルは、

つま先が細身になるので、スッキリしたスタイルになります。

 

 アサヒシューズは比較的、丸みがあるので、カジュアル感が出る感じです。

 

 最近、普段に履いている革靴の人は、

テクシーリュクスとか、革靴の中ではプチプラ系傾向の人も多く、

あまりハイスペックモデルの靴を履いている人は、少ないです。

 

  スコッチグレインのアウトレットモデルでも、

 普段に履き潰すには、もったいないので、結果的に今は、

出番が無い感じになっています。

 

 特に今年は、急に猛暑となってしまったので、

梅雨明け後も、しばらく革靴は履かない可能性もあります。

 

  将来的にスコッチグレイン

高いモデルも興味を持っていますが、あまり値上がりしてしまうと、

買うのか❔不明です。

 

 トレーディングポストの革靴もたまにチェックしていますが、

4万以上のモデルになると、やっぱり、中々、手が出ないです。

 

やっぱり、普段用として履く革靴では、2万円までかな。と、なっています。

 

 スニーカーも最近は普段用では5000円くらいまで。

となっているので、結果的にはプチプラスタイルになっている感もあります。

 

 将来的に見ると、

多分、革靴はしばらく値上がり傾向の予感なので、

今の内に手が届く範囲のモデルは背伸びしても購入して置いた方が良さそうな気もしています。

 

 

夏でもサンダルを履かない派の話

 私の場合、屋内以外では、基本サンダルを履く事が少ないです。

 

 履き心地が良かったサンダルでは、

ドン・キーホーテで買った低反発のサンダルが良かったです。

 

 ビルケンシュトックのサンダルも

昔、買った事があります。当時の私の感想では、

固めの履き心地だったので、あまり履かなかったです。

 

 適度の固さが健康の為に良い。みたいな話もありましたが、

履いていると足が疲れやすい事もあり、履かなくなった経緯もあります。

 

 実際にサンダルを履かない理由についていくらか紹介します。

 

 屋外で履くと、足が汚れやすい。

 

私の中でのデメリットでは、とにかく足が汚れやすい事が挙げられます。

住んでいる場所が郊外なので、埃っぽい道を歩く事があったり

砂利道を歩く事や草道を歩いたりと濡れる事もあるからです。

 

 躓いたりすると痛い

 

 よく、あるあるな事では、けっこう躓く事もあり、

その時ダイレクトに足をぶつけてしまう事もあり、けっこう痛い目に合う事が多く、

屋外ではサンダルを履かなくなった経緯もあります。

 

 

 走り難いタイプが多い

 

 サンダルの中でもかかと付やベルトで固定されているモデルもあります。

また、クッョン性の高そうなモデルもありますが、基本的にサンダルのメリットは、履き脱ぎしやすい事と通気性の良さから夏のサンダルは求められています。

 

 なので、サンダルの用途として

走り難いのは仕方ないと思います。

 

 屋外で履く場合、微妙な感じなので、夏でもサンダルを履かない派です。

 

  個人的には、屋外で履くケースでは、

サンダルより、スリッポンの方が履きやすいので、

サンダルは、あまり履かないです。

 

 良い感じのモデルが見つかったら

履く可能性もありますが、今の段階では、未定な感じです。

 

 

手堅く買った靴と新規開拓で買った靴、どちらがおすすめ❔の話

 今回、アディダスのヤング96と

アディダスのサバロ スリップを購入しました。

 

 普通に履くモデルでは、

やっぱり手堅いデザインのヤング96が良い選択と思いましたが、

以外に新規カテゴリーとして購入したサバロ スリップの方が、

満足度が高くなりました。

 

 今回は、結局、手堅いモデルを選ぶのと、

新規カテゴリーを目指すのでは、どちらがおすすめなのか❔検証してみます。

 

 失敗を避けたかったら、手堅い方がおすすめでも、、、、

 個人的に普段に履く靴では、

定番とか手堅いモデルを選ぶ方がラクです。

 

 けっこう変わったデザインのモデルを

色々買って失敗したのもあるからです。ただ、定番モデルなど

手堅いモデルを買った場合も意外な落とし穴もあります。

 

 私の中では、今履いている靴が特別ダメになってないのに、

新しく買った意義が感じられない所もあるからです。

 

 例えばアディダスの定番としてスタンスミスを数足所有していて、

毎シーズン、1足ずつ買っても余程、思い入れが無いと、あまり新規購入した満足感とかワクワク感が感じられない所もあると思います。

 

 ナイキのスニーカーなど、

一時、色々なハイテクモデルが流行ったのは、インパクトのあるデザインとか、

新しい機能性などから注目されるケースもあるからです。

 

 スタンスミス自体、悪く無いですが、何足も同じモデルを買い続ける。

みたいなのは、今1つ、新鮮さが薄れるデメリットもあります。

 

 絶対に失敗したく無い人では、同じモデルを買い続けるのもありです。

スタイルが確立している人では、黒スキニーに白のスタンスミスに白のシャツ。

みたいなユニフォームスタイルも良いと思います。

 

 新規カテゴリーのモデルを

買う時は、当たりと外れの落差がある

 

 新規モデルの方が、わくわく感があって

良い所もありますが、その反面、外した時のダメージも大きいです。

 

 今回、購入した アディダス サバロの期待値を上回っていたので、ヤング96は、逆に普通過ぎた感じやニューバランス990や他に所有しているモデルと比べて特別、履き心地が突出している所もなく、手堅い1足になりました。

 

 バランス的には良い1足ですが、

普通過ぎな1足となったので、普段靴の1足に加わった感じです。

 

 アディダス サバロについては、多分、外してしまうと、

デザインが気に入らないとか合わせ難いとなるケースも考えられます。

 

 スリッポンのシンプル系は、外してしまうと

体育館シューズ系の雰囲気もあるので意外に難しい所もあります。

 

 アディダスのカントリーとか

スタンスミスも定番モデルとなっている所もありますが、

定番でもマッチングしない事もあります。

 

 白のスニーカーはおしゃれ。

と、なっては、いますが、外すとスクールシューズ、

介護士さんの履いている靴。みたいになる所もあるので、

定番だから、絶対に手堅いとも言えない所もあります。

 

 カラーデザインが流行っている頃では、

白や黒は、ユニフォーム感が強いイメージもあったので、

組み合わせになる感じです。

 

 

 まとめ 

 

 結局、どちらもおすすめになるケースもありますが、

どちらも外してしまうケースもあるので、納得の上でトライして、

次回の購入時の参考、経験にして行く感じです。

 

 いきなり、ヒットを狙うのが難しい場合は、

手堅いモデルから入った方が、失敗は低いと思います。

 

 個人的には白より黒の方が手堅い感じです。

 スニーカーの衣替え、履き替え時、買い替え時のタイミングは、何時頃❔の話

 スニーカーの衣替え、

履き替え時期買い替えのタイミングは、その時の状況、気分で色々です。

 

 さすがに、真夏にボアがついているタイプとか、

真冬にサンダルに履き替える方は、少ないと思います。

 

 個人的には、その時の気分、なんとなく気になったモデルが見つかった。

セール価格など、掘り出し物が見つかった時、スニーカーが汚れてきた無くなった。

傷んできた。そろそろ買い替え時だ。と思った頃になります。

 

 個人的には、あまりこの時期だから。。。。

と、いった事も無く、最近の新規購入は1月頃だったので、

半年近くぶりの新規購入です。

 

 新しく買う気分になったのは、

最近、出かける事も増えたので、あまり汚い靴とか、

季節的に暑そうな感じに見られる革靴を履くよりは、スニーカーの方が良いかな。

と思ったからです。

 

 買い替えタイミングでは、

セール価格の頃と、ニューモデルリリースの頃、シーズンの変わり目と、いったタイミングが探しやすいです。

 

 靴が傷んだから、、、のケースでは、

セール価格のタイミングと合わない時もあります。

 

 この場合では、春夏頃の購入と秋冬の頃で、

どちらのシーズンモデルが必要なのか決めておく事もポイントです。

 

 実際には、ほぼ年間、オールシーズンモデルも多くありますが、

カラーなどシーズンで明るめが多いとか、濃いめのモデルが多い。

みたいなイメージもあります。

 

 私のケースでは、この時期は

蒸し暑くなって来ているので比較的通気性の良いモデルを選びます。

 

 冬の頃では、極端にメッシュで

涼しいモデルより年間履けるタイプを選ぶ事が多いです。

 

 冬では、革靴やブーツを履く事も増えるので、

スニーカー以外の選択肢も広がります。

 

 夏は、あまり革靴を履かない❔

 

 この辺りはTPOもあるので、

普段に履く靴で考えると、夏は履く機会が無ければ

あまり履かないです。

 

 一時、革靴を履く事にしていましたが、

思っていたよりコロナ禍が続いた事や以前程、出かける事も減ったので

スニーカーよりになっています。

 

 靴が傷むまで

次の靴を買わないパターンでは、履く靴のモデルや用途でも違った来ます。

 

 私のケースでは、

あまり靴底がすり減らないので、

傷むまで買い替えないと、3年から5年は、買い替えなくなる可能性もあります。

 

 実際に、10年以上前のスニーカーや革靴もあるので、

基本としては長く履けるモデルを買っておくと便利な面もあります。

 

 

 特価のプチプラ モデルの靴では、

ソールがすり減るのが速いモデルもあるので

靴選びでも買い替える期間が変わると思います。

 

 個人的にプチプラの革靴の

ソールはすり減りやすかったので、頻繁に履くと

半年から1年くらいで買い替えるペースになりそうです。

 

 歩く距離と、ソール耐久性もけっこう重要になります。

 

 

アディダス ヤング96の履き心地と感想

 最近、アディダスのスニーカーを履く事が多いです。

 

 

 アディダス ヤング96は、カッコ良い❔

 

アディダス ヤング96は、スタンスミスなどと比べると、

おしゃれコーデとしてデザインで選ぶタイプとも違う感じに思います。

 

 靴に合わせるスタイルを持っている人は、合わせやすいですが、

普通に履くスニーカーぽい所もあるので、カラーによって難しい所もあります。

 

 普通履くスニーカーぽいタイプです。

 

カッコ良さでは、アディダス ZX750HDの方が

スタイリッシュな感じです。

 

 

 

 個人的に、ヤング96はどちらかと言えば、

普段履き、実用性、履き心地に特化したモデルとしてセレクトしました。

 

 他に所有しているモデルでは

ニューバランス990とカテゴリーとしては似たタイプです。

 

 個人的な履き心地では、

アディタズ ヤング96の方がニューバランス990より、

軽量でクッション性も良いです。

 

 夜間でのウォーキングでは、

ZX750HDの方がリフレクターが全体に施されているのでおすすめです。

 

 

 履き心地では、好みになりますが、

ヤング96の方がクッション性が高い感じです。

 

 手堅く履きやすいスニーカーを探している方には、候補の1足です。

 

 

 ブラックとグレーのカラーでは、

特別組み合わせが難しい事も無く服装の色目で難しく無いです。

 

 

  価格も安くセールされている所もあるので、

デイリーモデルとして購入するのもおすすめです。

 

【在庫限り】 adidas YUNG-96 CBLACK/CBLACK/OWHITE(EE7245) CBLACK/SGREEN/CBURGU(EE7247) アディダス メンズ シューズ(25cm-28.5cm)

 

 

アディダス サバロ スリップの感想

 今回、初挑戦?のスリップオンとして

アディダス サバロ スリップを入手しました。

 

  サイズは、小さめと聞いていたので、27.5を選びました。

ZOZOでは、スニーカーは、だいたい27㎝を推奨しているので、

27.5にしました。

 

 

 実際の所、27でも良かった気もしています。

ただ、27の場合、甲が低めといった情報もあり、

長時間履くと締め付けられ感で足が疲れる可能性から、1サイズアップにしました。

 

慣らし履き中なので、まだ、はっきり分かりませんが少し緩い気もします。

 

 ただ長時間履くと、

なんとなく締め付けられ感も感じられるので、

サイズ感については、難しいと思います。

 

 ニューバランス990もサイズのマッチング度は

高かったので選びましたが、後から足が痛くなる箇所もあり、

中々、フィット感は難しい所もあります。

 

 私が購入したモデルは、柄が入っているので、

好みも分かれそうですが、ブルージーンズなどに合わせると、

夏らしい雰囲気でマッチングしています。

 

 履き心地も、比較的クッション性もよく、

屈曲性もあり踵抜けのパッドの部分があり、思っていたより快適なクッション性で、歩きやすかったです。

 

 色目も控えめで、柄物ですが、それ程目立ちすぎず、合わせやすいです。

 

 無難なモデルでは、

黒とか他のデニム系の素材では、コンバース、ヴァンズなどもあります。

 

 私の購入したモデルは、化学繊維ですが、

裏メッシュになっているので見た目と比べて、サラッとした履き心地です。

 

 コットン系では色落ちもあるので

色目などでは、ザバロ スリップの方が良い感じです。

 

 黒や白のスニーカーとも違うので、個性的で良いかなと思います。

 

 グリップ性もあり、車の運転や

立ち仕事でもしっかりしているので履きやすい一足です。

 

 

 


 

 

 実物を見た感じでは、それ程チープ感もなく、

おしゃれな雰囲気の1足にも良いと思います。

 

 女性ぽい感じにも見えますが

履くと案外男性にも合わせやすい感じです。

 

 スーパーに買い物で履いて行きましたが、

バンズの黒のスリッポンを履いている女性が居たので、

見比べると、アディダス サバロ スリップの方が気持ち

スタイリッシュなフォルムに感じられました。

 

 スリッポンタイプはロングノーズぽく見えるので、

履き方や色目によってスタイリッシュに合わせやすい所もあると思います。

 

 コテコテ系のカラーとか文字があると、

フォルム感が伝わり難くなる所もあるので、スリッポンとしては、

多少シンプルな色目が良いのかなと思いました。

 

 

 ヤング96は、どうなの❔

 

 もう一足、購入した アディダス ヤング96は、

履き心地としてはクッション性も良く、どちらかと言えば

ウォーキング等に向いているので、長距離を歩く時は、向いています。

 

 


 

 

 手堅い感じのデザインとシンプルなので

普段に履くスニーカーとしても良いです。

 

 その反面、特別目立った

アプローチポイントが見つけにくいので、

その辺りで地味な存在になっている感じもあります。

 

 ニューバランスなど履きやすい感じのモデルを

普段用で探している方では、かなり良いと思います。

 

ソールも厚めで軽量で、アディダス サバロより、

クッション性も良く軽いジョギングにも向いています。

 

 デザインは、やや、野暮ったい雰囲気もあるので、

普段用の靴、みたいなイメージにもなりやすいですが、

アディダスのストライプが入っているので、その辺りでブランドモデルといった

感じでアプローチできるポイントもあります。

 

 なるべくシンプルに実用本位のデザイン、

快適な履き心地を目指したタイプになります。

 

 90年代を意識した

スニーカーらしいスニーカー。と、いった感じです。

 

 履き心地では

スタンスミスやスーパースターより、良いと思います。

 

 アディダス、 サバロ スリップ、ヤング96

それぞれ方向性も違いますが、どちらも中々、良いモデルと思います。

 

 

最近の靴は、どれがおすすめ❔な話

 最近の靴と行っても色々ですが

普通に靴としての機能は、ある程度完成されていると思います。

 

 デザイン性とかファッション性、用途で色々なので

画期的な機能だから、誰にでもマッチングする。みたいなのは、難しいと思います。

 

 革靴など職人の技で作られているモデルもありますが、

普段に畑などで履く靴は、また違った事がポイントになります。

 

 畑で履く靴では、

革靴よりナイロンとか科学製品で、土が入り難い構造で、

水洗いが出来る方が扱いやすいです。

 

 私が最近履いている靴も、どちらかと言えば、

適度なデザインとそれなりのクッション性のあるモデルで十分です。

 

  履き心地重視では、デザイン性より機能性、快適性。

 

 一時流行ったダットシューズなど、

どちらかと言えば履き心地重視のモデルです。

 

 スポーツ用モデルのスニーカーでもトレーニング用とか

色々ありますが、この辺りは機能性重視型になります。

 

 ただ、デザインやカラーになると、スポーツモデルは、

普段に合わせる服装によっては、難しいケースもあります。

 

 ドクターマーチンの靴など

ワーク系モデルはアッパーがポッテリしていますが、

履き心地や安定性では、その方が良い面もあります。

 

 革靴でも私が履いているサンダースもぽってり系ですが、

履き心地を重視すると、ポッテリ系になる感じです。

 

 

ドクターマーチンもぽってり系

 

 ワーク系のファッションでは、

やっぱりポッテリ系の靴が合わせやすい感じもあります。

 

 ウィールロープの靴もラウンドトゥタイプです。

 

 ロングノーズは、ダサイ❔

 

 個人的に黒のパンツと合わせたりスッキリ系では、

ロングノーズ系の方がカッコよく収まる所もあります。

 

 ビジネス系のファッションにすると、

ポッテリ系では、やや、やぼったい感じになるケースもあると感じます。

 

 最近、ロングノーズ系の靴を、

あまり履かないのは、車の運転の時、アクセルワークで引っかかる感じがあるので

あまり履かないです。

 

 シュッとしてカッコ良いですが、

最近は、あまりそういったスタイルで居る事が少ないです。

リーガルウォークもロングノーズでオシャレです。

 

 あまり履かない理由は、車の運転には

ノーズが長いとアクセルの感覚に慣れるのに少し時間が掛かる所もあるからです。

 

  スリッポン系、ローファー系が履きやすい

 

 最近は靴紐タイプより

ローファーやスリッポン系のモデルが履き脱ぎしやすいので、

そっちに偏りがちです。スニーカーも紐を緩めにして普段履きとして

履く機会も多いです。

 

 紐靴をきちっと閉めて履く事は、

最近少ないので、スリッポン、ローファー系に偏りつつある感じもあります。