革靴とスニーカーのおしゃれセレクト情報記

メンズシューズからおすすめの革靴、スニーカーを中心に独自判断で紹介中です。

黒色以外の革靴は、やっぱりあまり履かない話

 色々とローテーションをしながら履いている靴ですが、

やっぱり革靴になると黒色以外の革靴は、ほとんど履く事が無いです。

 

 価格が安かっても、

やっぱり革靴を履くシーンでは、黒色がメインになっています。

 

 一方、スニーカーの場合、

黒以外の色も履くので、その分、革靴は黒がメインになっている所もあります。

 

 革靴も普段に履くモデルとなると、

相対的にローファーが多くなっています。

 

 ほとんどお出かけ靴以外では、ローファーメインになっています。

 

 革靴として

アンチローファー説もありますが

私の場合、普段に履く靴ではローファーがメインになっています。

 

 とりあえず革靴で安くて良い方では、

次の感じで格安で販売されているのもありますが、

経年劣化ありの場合、外れの可能性もあります。

 

 


 

 

 実際に、経年劣化するタイプの革靴は

普段履かない場合、あまり買わない方が良いです。

 

 保管しているだけで履けなくなってしまうので、

ガシガシ履き込んで履き潰して行く方向けになります。

 

 逆に高級モデルは、どうなんですか?と、

尋ねられると、余程趣味やこだわりが無い方以外は、

どうして高いのか?難しいと思う所もあります。

 

 ウンチクなど認識力、違いが分からない人には、

ただの靴にしか見えない。みたいな感じです。

 

 芸能人のアイドルグループも私も、グループとしては分かっても、

グループの誰々と個人で全員、覚えてない所もあります。

 

 漫画では、昔、キャプテン翼でキャラの顔がみんな同じ顔。

みたいに、キャラが多くなる程、ユニフォームや髪形でしか分からない。

みたいにコアファンでないと分からないみたいな所もあります。

 

 タッチといった漫画もありましたが、

こっちも色々な別の漫画も出版されましたが、キャラクターだけで個別で見ると、

同じにしか見えない。みたいな所もありました。

 

 こういった感じで革靴好きになると、

ブランドやデザインの違いなど分かる所もありますが、

初心者には、どれがどう違うのか分かるまでは、いきなり高級靴に手を出さない方が良い可能性もあります。

 

 エドワードグリーンのローファーもありますが、

知らない人から見ると、ただの地味な感じの革靴にしか見えない。。。。

 


 

と、いった所もあります。

 

 スニーカーではビジュアル的に

カッコイイとか分かりやすい所もありますが、

革靴になると、茶碗とか、それぞれの良さとか作りなど細かい所が分からないと、

安い靴の差など、見極めにくい所もあります。

 

 私が履いているバーカーブラックのローファーも

知らない方から見れば、せいぜい2万円くらいのローファーと同じくらいにしか見えない可能性もあります。

 

 革靴で茶色になると、カジュアルタイプでは、

そこそこ行けそうですが、イタリア系のデザインの革靴とか個性的なモデルもありますが、オーソドックスなモデルになると、地味な印象になる所もあるので、いくら高くても、地味な印象になる所もあります。

 

 

また、以前にも書きましたが色が増えると

靴のケアが大変になるので、革靴の場合、なるべく黒など統一した方が、

管理しやすい所もあります。

 

 黒の補色など簡単ですが、他のカラーになると、

以外にぴったり合うカラーを探すのが難しくなる所もあります。

 

 

 

靴ローテーションも革靴を履くサイクルに入ってきた話

 しばらくの間、スニーカーを履く

ローテーションが続いていましたが、最近、少し暖かくなってきた事から、

革靴を履く機会も増えています。

 

 革靴と言っても、

どちらかと言えば、ローファーの革靴になっています。

 

 主に屋内で履く事が多く、屋内で履く場合、

革靴の方がフィット感が良い面もあります。

 

 足に馴染むと革靴の方がフィット感では良い面もあります。

 

 屋内で履く事が多い場合、

屋外で履くよりソールの擦り減りも少なく長持ちします。

 

 最近、また革靴も気になり始めていますが、

屋外で履く事が多い靴は、スニーカーの方がコスパとしては、

良いと思う所もあります。

 

 1万円以下で歩きやすい靴で探すと、

スニーカーの方がセール品の数が多く、見つけやすい所もあります。

 

 革靴のお買い得モデルも

色々ありますが、合皮などのモデルは経年劣化しやすいとか、

革質など、高級モデルと比べると、また、別の物となる所もあります。

 

 革靴の方が、見た感じでは、

カッチりした感じになるので、気持ちの切り替えになる所もあります。

 

 革靴を履きやすいシーズンでは、

春頃が履きやすいと思う所もあります。

 

 屋内向けと思う所では、

高級靴の場合、ソールなど屋外向け仕様な作りのモデルが多いので、

あまり長距離歩行向きでも無いと思う所もあります。

 

 この辺りは、革靴はドレスシューズ。と、いった所もあるので、

ソールが薄目のモデルや革も雨の日には不向きといった所もあるので、

大切に履いた方が良いです。

 

 おしゃれな靴=大切に長く履く。と、いった感じです。

 

  ある程度、普段に履く感じで選ぶと、

リーガルのセミマッケイモデルも良いと思います。

 


 

 

 このくらいの価格のモデルになると、

実際にソール交換をするコストで考えると買い替えた方が安い所もあります。

 

 グッドイヤーウェルテッド製法の方が好き。

と、いった方も居ますが、屋内などで普段の仕事で履く場合では、

このクラスくらいかな。と、なる所もあります。

 

 高級モデルになる程、

ケアが大切になる所もあるので、

その辺りで考えると、ケアしやすいモデルの方が良いです。

 

 他では、基本、黒色の革靴がおすすめです。

理由は、革靴を履くシーンでは基本、黒色の方が履き回ししやすい所もあります。

 

 

 私も茶系の革靴をいくらか所有していますが、

普段にあまり革靴を履かない場合、ほとんど履く事が無いので、

黒の靴の方が良いです。

 

 デザインは、モンクストラップ、

プレーントゥ、ストレートチップ辺りかな。

と、思います。

 

 ローファーやスリッポンの場合、

カッチリ感では、やや違って来る所もあるので、

プレーントゥタイプなどの方が良い所もあります。

 

 ローファーの場合、

Uチップタイプのデザインになるので、カジュアル感が強くなる所もあります。

 

 普段に履く感じでは、

ローファーの方があまりカッチリしすぎなくて良いと思う所もあります。

 

 この辺りは、

所有している靴の数や種類で選ぶ靴も変わって来る所もあります。

 

 基本としてはよく、履く靴や

必要性の高いデザインの靴を選ぶ方が良いです。

 

 私の場合、

プレーントゥでも茶色の靴になると、

思っていたより履く機会が少なかったです。

 

 

 他ではロングノーズタイプも

車の運転の時、やや不向きだったので、ある程度、

デザインが限られている所もあります。

 

 結局、どれ?と、尋ねられると、

サンダースミリタリーダービーになってしまう所もあります。

このまま円安や物価高が続いて靴が高くなったらどうする?話

 最近は色々と物が上がっている話を伺います。

実際に靴も色々と値上がりしているモデルもあります。

 

 今回は、そういった靴が高くなったら、どうする?話になります。

 

 そもそも、高い靴をそれ程、買ってない。

 

 靴が高くても高く無くても、

基本的に普段履いている靴に関しては、

特別価格の影響をそれ程受けていません。

 

 高級靴など趣味で欲しい靴の場合、

以前の価格と比較すると高く感じられますが、

実際の所、5年から10年に1足買うか?買わないか?

程度なので、欲しい場合は、普通に貯金するのが良いと思います。

 

 月5000円貯金していれば、1年で6万円。

5年で30万円なので、余程高価なモデルでない限りは、

十分、替えるお金が貯められます。

 

 2,3万円クラスのスニーカーは?

 

 スニーカーファンなど

比較的購入頻度が高くコレクションにしている方の場合、

2万円~3万円のモデルを毎月数足買っていると、けっこうキツイと思います。

 

 こういった方の場合、

購入頻度の見直しで予算確保する形になると思います。

 

特別、揃えたから。と、いっても、どうという事もありませんが、

何かの使命感から買ってしまう所もあります。

 

 なぜか集めたい。といった気持ちから、

つい買い続けてしまうパターンもあります。

 

 普段用の靴は、どうなの?

 

 普段用の靴の場合、

基本ローテーションを組んで履くと長持ちします。

 

 選び方としては、欲しいモデル1足と

セール価格などで、お手頃になっていたモデルを組み合わせて

履く事で、長く持ちます。

 

 全部、セール品で揃えるのも金額的には、

お得ですが、どうしても欲しい1足といったのもあるので、

その辺りと組み合わせる事で、購入予算を抑える事も可能です。

 

 中古モデルは?

 

 中古モデルの場合、基本的に、微妙なケースが多いです。

革靴など余程高価なモデルでない限りは、あまり中古メリットが低いと思う所もあります。

 

 革靴の場合、修理の費用が掛かったり

ソールなど交換費用も考慮すると、思っている程、

安くも無い感じになります。

 

 革靴の場合、ソール部分については、価格が高くても安くても、

それほど耐久性の差が変わらない感じもあります。

 

 修理屋さんのソール交換のソール部分については、

だいたい共通のソールを使っているので、元の革靴が高くても

安くても、ソールを同じにすると、変わらない所もあります。

 

 特別こだわらなければ、

新品で2万円クラスの革靴でも良いと言えば良い所もあります。

 

 

 まとめ

 

 実際に、今、色々と物が値上がりしていますが、

靴の買い替え頻度など長期視点で見ると、元々購入頻度が低い場合では、

極端な負担になる事は、少ないです。

 

 どちらかと言えば、毎日使う光熱費や

車などのガソリン、食品など購入頻度が高い物の方が

影響が高いと思います。

 

 私が靴に使う支出も、

年間で見るとその年でかなり違ってきますが、

なかなか5万円以上の支出となる事は少ないです。

 

 車の場合、去年は車検代でもろもろで10万円。ガソリン代で6万円。

オイル交換や保険代などもろもろ合わせると、20万円以上は使っていると思います。

 

 なので、物価高対策としては、

総合的に色々な物の支出の見直しを行った方が良いです。

 

 極端にケチるのも無理がある

 

 靴のケースでも極端にケチる人もいますが、

そもそも、元々、靴にそれ程お金を使ってない人は、

逆にちょっと良い物を選ぶのもお勧めです。

 

 やっぱり、長期的に見ると足を痛めてしまう人もおり、

その結果通院されている方もいます。健康の為などで見ると、

ケチりすぎるより履き心地の良い靴を履くのも良いです。

 

やっぱりニューバランスの履き心地は、好きと思う話

 ここ一週間の間、ニューバランスのスニーカーを履いていました。

と、いっても普及モデルのタイプです。

 MLのLは、ライフスタイルといったモデルのシリーズになります。

普段の生活で履くモデル?と、いった意味かな。と、思います。

 

 このモデルの良い所は、

クッション材にアブゾーブを使用している事と、

 合皮タイプのスエードを使用しているので、

普段のケアについて、あまり気にしなくて良い点です。


 

 実際に汚れてしまいますが、天然素材と比べて

色が落ちないので、古くなって色が薄くなる事は、無いです。

 

 クラシックなタイプですが、

適度にハイテク機能を搭載しているので、

ローテクモデルよりは、履き心地の面では向上しています。

 

 このモデルの良い所は、ハイモデル程まで高価でないのと、

適度にハイテク装備な事。シンプル系なので特別、流行に左右され難い所もあります。

 

 履き心地を追求すると、ニューバランス

ハイモデルも良いですが、普段に気軽に履けて、そこそこハイテク機能もあるので、

ライフスタイルモデルとしては、良いと思います。

 

 デザイン的にダサイ。と、いった話を聞いたりもしますが、

デザイン性の高いモデルは、けっこう流行に左右される所もあります。

 

 たとえば、ナイキ エアマックス95など、

ブレイクした時は、注目されましたが、流行も過ぎて他のトレンドに移り変わった頃では、逆にハイテク系のデザインがダサイ。みたいな感じになる事もあります。

 

 また、最近になって見直されていますが、

デザインについては、けっこう評価が変わる所もあるので、

そういった意味では、ニューバランスらしいデザインで流行に左右されないモデルも良いと思います。

 

 1300や1500、576、991など、

色々と復刻される事もありますが、あまり気負わないで

履きやすいシリーズも良いです。

 

 普通に歩く程度では、そこまで大きな差も無いので、

機能的に見ると、普段用では、良いと思います。

 

 また、ニューバランスの履き心地。と、

いった履き心地なので、履き心地を楽しむ感じでも良いと思います。

 

 1700は、どうなの?と、尋ねられると、

履き心地としては、ニューバランスの中でも特徴的な部類になります。

 991より、アブゾーブが

ソール全体に入っている事もあるので、独特な履き心地です。

 

 私の比較では、

特別オリジナルモデルのUSAでなくても、CM1700でも十分と思います。

 

 

 

 履き心地も、

ハイテク系の方が進化している所もあるので、 

履き心地重視になると、最新モデルのハイテクモデルやハイモデルになると思います。

 

 


 

 

最近、よく履いているスニーカーは、何色が多い?話

最近、私が良く履いているスニーカーのカラーでは、

どちらかと言えば、黒が多いです。

 

 私のスニーカー歴の中では、

あまり黒色のスニーカーを履く事は少なかったのですが、

最近は黒色のスニーカーを履く頻度が多くなっています。

 

 

 

 

 以上の感じで、黒系のスニーカーを履く頻度が増えています。

この辺りは、一時革靴を履く方向にシフトしていた時期がありましたが、

やっぱり、あまり革靴を履く機会が少なくなったので、またスニーカーメインにシフトした過程から、黒系を履く事が多くなっていると考えています。

 

 革靴を増やしていた時期に履いていたスニーカーのカラーでは、

次の感じだったので、かなり履く靴の色の印象が変わった感じもあります。

 

 

 

 

 

 イメージとしてはカジュアル、さわやか系カラーのイメージです。

 

 最近、新規購入したモデルでは、白になっています。

白にした理由は、お出掛けスニーカーとして履く事を想定しているので、

あまり汚れないかかな。と、いった感じです。

 

 実際に普段、明るめの色のスニーカーを

履いていると、汚れが目立ちやすいので、黒系の方が向いている感じもあります。

 

  私が最近、普段靴の中でもスリッポンが良いと言っていますが、

このタイプは、水洗いもしやすいので、汚れてもいくらか綺麗になるので、

おすすめになっています。

 

 夏になると、また履く靴も変わって来るかも知れませんが、

ここ最近は、黒色の靴を履く頻度が多いです。

 

 他の色の靴は、どうなっている?

と、尋ねられると、かなり汚れてしまって洗ったモデルもありますが、

ソール部分が剥がれてしまったのもあるので、基本的にスニーカーは、水洗いを行うと、ソールの接着部分が剥がれやすいみたいです。

 

 ニューバランスのスニーカーも昔、洗った事もありますが、

やっぱり後からソールが剥がれて来たので、水洗いをすると、ダメージが大きいみたいです。

 

 なので綺麗目のスニーカーになると、

防水スプレーを使用したり、適度にクリーニングを行う必要もあります。

 

 黒のスニーカーも汚れますが、ちょっとした汚れは、

あまり遠めからは、目立たないので普段履きとしては、履きやすいと思う所もあります。

 

 お出かけ用でも黒の方が少し、

カッチリした雰囲気になる所もあるので、

靴のカラーに迷ったら、黒系を選ぶのも良いと思います。

 

 ビジネス系の雰囲気でスニーカーを履きたい場合は、

どちらかと言えば、つま先が少し細身に見えたり長めの雰囲気の方が

合わせやすいとも言われています。

 

 例としては、ドクターマーチンのモデルでは、

比較的丸みの多いつま先のモデルが多いです。

 下のモデルはスコッチグレインの革靴ですが、

ソールがドクターマーチンより薄くてつま先も細身です。

 

 なので、必ずしも黒の靴だから、フォーマルぽい。とも言えない所もあります。

 

 革靴の方が、

どちらかと言えばスタイリッシュな印象が強いので、

お出かけ用としては、革靴の方がカッチリした雰囲気に合わせやすい所もあります。

 

 

 そこまでカッチリしないで気軽に履きたい場合では、

黒系のスニーカーも革靴程カッチリした印象になりませんが、

まとまりやすい所もあります。

 

 また、私が最近、はいている

パンツやアウターも黒系が多いので、組み合わせとしては、

黒色のスニーカーの方が統一感が出る所もあります。

 

 ジーンズなどはくと、

明るめな色のスニーカーの方が合わせやすい感じもあります。

 

 ジーンズは、この時期は寒いので、

暖かめ素材のスキニーパンツやハーフ丈のジャケットなど着ています。

 

 ライトダウンジャケットなど着ている方もいますが、

ピッタリした感じになるので、スポーツウェアぽい感じの雰囲気になるので、

以外に合わせる靴が難しくなる所もあります。

 

 カジュアル感が強すぎて、

プチプラ系の雰囲気になりやすい所もあるので、

ライトダウンジャケットと合わせやすいスニーカー選びが難しい感じもします。

 

 ハーフ丈のジャケットで細身のスキニーに

黒系のスニーカーでは、カジュアルでも、ちょいお出掛け系の雰囲気になる感じです。

 

 

最近、あまり履かない靴の話

 最近、あまり履かない靴の話になります。

あまり履かない靴トップモデルでは、ブーツ、チャッカブーツ

内羽式の革靴、サンダル、バスケシューズ、アウトドアシューズ、スエードの靴、コンバースオールスターなどのコットン素材のアッパーになっている靴。ハイカットなどです。

 

 革靴全般ではレザーソールの靴も最近は、履かないです。

 

 主な理由では、やっぱり靴の履き脱ぎが面倒。重い靴は、意外に疲れる。

コットン素材など、寒い。レザーソールは、屋外で履くとダメージが気になる。雨の日など履くとケアに手間が掛かる。値段が高い靴は、傷むともったいない。自分の中では、あまり履かない感じの素材やデザイン。と、いった感じです。

 

 ほとんど、自分の中の価値観と気分で決まっている所もあります。

 

 革靴については、内側が革張りタイプになると、履いた時足が冷たく感じる所もあります。また、靴を履く為に座ったりすると、お尻が冷たいし、簡単に履けた方がラク。とか、基本的に怠け者体質になっています。

 

 理由は、寒いから。。。。と、寒くなると怠け者になる所もあります。

 

 靴が軽い方が基本的にゆるく履いていても、

あまりブカブカしないとか、合皮タイプでは、あまり汚れなど気にしなくても良い。

黒の靴だったら、白の靴より汚れが目立たない。など、色々あります。

 

 高い靴をあまり履かないのは汚れとかキズが付いたり、

履いて行く場所など気にするので、結果的に、履く事が遠ざかっている所もあります。

 

 ブーツも最近は寒いので履いたり脱ぐ時が面倒。と思う所もあります。

また私の場合、車の運転にゴツメのソールは、不向きなので、機能性の縛りもあり、急に用事が合って、その都度、靴を履き替えるのも面倒といったのもあります。

 

 この前、営業の人が運転する時、片足だけスニーカーを履くようにしています。

みたいなのも見ましたが、けっこう、忙しい時とか急いでいる時、片足だけスニーカーのまま、車から降りてしまう可能性もあるので、やっぱり、両足統一して履いた方が良いと思っています。

 

 ドクターマーチンも最近、気になっていますが、

ソールのゴツさから、どうかな。。。と、考えている所もあります。

 

 ドクターマーチンのソールは、

けっこう頑丈なので長持ちしますが、私の思い出では、

靴擦れとか足が痛い方が記憶に残っている所もあります。

 

 短靴とブーツ、両方持っていましたが、

足に馴染まなかったので、ずっと足が痛かった記憶があります。

 

 短靴の場合、シューレースのホールがもっと

あれば固定出来て歩きやすくなった可能性もあります。

 

 他では合皮のモデルだった事や、靴が重い事もあり、

かかとが抜けやすい感じになったのもあると思います。

 

 サイズとしては、

1サイズアップの方が良かったかもしれませんが、

やっぱり靴が重い事で、フィットし難かった所もあります。

 

 仮に買うとしたら、革素材やメッシュタイプ、

アウトドアタイプかな。と、思っています。

 

 ブーツの場合、甲の部分が

締め付けられていた感じと靴の履き脱ぎが面倒な事と、

足蒸れもあり、クッション性が良いよりもフィット感で合わなかった所もあります。

 

 足のフィット感では、

スニーカーの方が多少サイズが大きめでも

履けない事も無いので、軽い靴の方が、履きやすい面もあります。

 

 ネット通販で気を付けるポイントでは、

スニーカーもランニングでもレースタイプは、タイトフィットになりやすいので、

普段用のウォーキングタイプより2サイズアップで良いケースもあります。

 

 私の場合、最近、ハーフサイズアップで

ナイキやニューバランスアディダスのスニーカーを履く事が多いです。

 

 足幅がやや細身タイプもあるので、

この場合、1サイズ上げた方が履きやすくなったからです。

 

 実際の所2サイズアップ程度でも、良いケースもあるので、

迷った場合は、2サイズアップで購入するケースもあります。

 

 スニーカーも、実際の所いくらか履いて行くと

ソールが沈んたり、いくらか足に馴染んで来る所もあるので、

特別革靴で無いと、足に馴染まないといった感じても無いです。

 

 私が履いているリーボックのスニーカーも履き初めでは、

つま先部分が窮屈だったので、失敗したかも?と、思っていましたが、

しばらく履いていると、インソール部分がいくらか沈み込んでちょうど良くなりました。

 

 スニーカーも履き込むといくらが緩くなる事もあるので、

その場合はインソールを入れて調整するのもおすすめです。

 

 インソールも

ちょっと高性能なタイプを入れると、

ローテクモデルでも、履き心地が変わって来るので、

衝撃吸収性を高めたり、反発力を高める事も出来ます。

 

 なので、最近履いているスニーカーも

極端なハイテク系でない方が、好みによって履き心地を

調節しやすいメリットもあります。

 

 あまり履かない靴でも、

履き心地をインソールでカスタマイズすると、

履きやすくなるケースもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近のハイテクモデルは、どう思う?話

 私の場合、最近は、

あまり最新モデルや斬新なデザインなどのスニーカーは、購入しなくなっています。

 

 どうして?と、尋ねられると、

ずっと昔、そっち系のデザインのスニーカーを

色々履いていましたが、よくも悪くもデザインが斬新なので、

目立ちすぎる所もあったからです。

 

 ローテク系デザインのスニーカーを

履いている人が多い中、斬新なデザインは、目立ちすぎる感もあったので、

履かなくなった所もあります。

 

 また、私の最近の好みでは、

目立ち過ぎない程度のハイテクモデルが好みになっています。

 

 最近、チェックした中では、アディダスも気になっています。

 

 最近のスニーカーのトレンドでは、

かかと部分がサポートされやすくやや深めになっています。

 

 靴が脱げにくい所もあるみたいに思います。

シンプルでも、現代的なデザインです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ADIDAS】 アディダス 4DFWD 3 M 4DFWD 3 ID3489 PUTT/CORE/SILV
価格:30,800円(税込、送料無料) (2024/2/3時点)


 

 

 ソール部分が3Dプリンターで形成されている所がハイテクな感じです。

 

 そこまで、細かい製造工程でもないですが、

Onも特徴的なクッション材で履き心地が良いと言われています。

 

 おしゃれ?と尋ねられると、

ソールが斬新ですが、シンプルな感じです。

 

 履き心地が良いという事で注目されています。

 

 


 

 

 ホカオネのクッション性が高いモデルとして注目されています。

私の場合、あまり厚底系は苦手ですが、現代的なモデルのデザインです。

 


 

 

 ゴアテックス仕様のナイキリアクト ペガサス トレイル4

 

 特別ハイテク感は抑えられているデザインですが、

シンプルでゴアテックスのロゴがアピールされています。

 


 

 

 雨の日でもアッパーからの浸水を防げるので良いと思います。

 

 特別、最新のハイテクモデルの紹介には、

なってない感じになりましたが、

ここ最近のハイテクモデル搭載モデルになります。

 

 この中で、買うとすれば、

ナイキ ペガサス トレイル4が甲になると思います。

 

 私の所有しているモデルの中では、

トレイル系モデルが無い事もあります。

 

 雨の日にも履けるスニーカーが、

今、所有してない所もあります。

 

 カラーやデザインは、

どちらかと言えば控えめなモデルを

セレクトしましたが、この辺りは、

比較的、幅広く合わせやすい感じだからです。

 

 お出掛けなど、

ちょっと遠出をしても疲れにくい感じのモデルとしては、

ハイテク系の方が良いと思います。

 

 最近のハイテク系では、

目立ったカラーやデザインモデルもありますが、

比較的シンプルなデザインもあるので、以前と比べると、

ファッションとして取り入れやすくなっている所もあります。

 

 ローテクモデルとの差では、

クッション性や歩きやすさなど、最新技術を取り入れて

作られている所もあるので、普通に歩きやすくて楽な面もあります。

 

 私の場合、お出かけ用モデルとしては、

ハイテク系モデルを履く事が多いです。

 

 普段は、ローテク系を履く事が多いですが、

ハイテクの方が、長距離の歩行では楽なので、

ハイテクモデルは、トレーニング用以外にお出かけ用としてもおすすめです。

 

 この辺りは、ニューバランスのハイモデルなど、

そういったコンセプトのモデルが多かったので、以前は、

ニューバランスを履く事が多かったです。

 

 最近は、他のブランドも色々とシンプルデザインや

ハイテク系で履きやすいモデルをリリースしているので、

選択肢が広がっている所もあります。

 

 ハイテク系が注目されたのは、ナイキエアマックスなど

ランニング系で目立つデザインから人気が出たので、ハイテク=斬新なデザイン。

と、いった流れだったので、ランニングモデル、スポーツモデルは、デザインが目立つモデルが多かったです。

 

 ハイテク系モデルが目立つデザインになったのも、

宣伝目的の所もあると思います。また、個性的な方が注目されやすい所もあります。

 

  そういったモデルも人気ですが、

普段に快適に履きたいシンプルモデルの方が結果的には、

長く履くモデルになるので、今のハイテクモデルも定番化すると、

ローテクモデルみたいにベストセラーモデルになる可能性もあると思います。