革靴とスニーカーのおしゃれセレクト情報記

メンズシューズからおすすめの革靴、スニーカーを中心に独自判断で紹介中です。

アサヒ フットケアスニーカー履き心地と感想の話

  秋シーズンになってから色々と、新作モデルがリリースされています。

今回紹介するモデルは、アサヒ フットケア スニーカー001の履き心地と感想です。

 

 シリーズでは、001、002、003とあります。

001は、シューレース仕様、002は、面ファスナー仕様、

003は、ひもストッパー仕様とそれぞれのバリエーションがあります。

 

 カラーは、ホワイト、ブラック、グレーとあります。 

 


 

 

 履き心地は、ふわふわしてクッションが沈み込む感覚です。

インソールも厚めになっているので履き心地もふわふわになっています。

 

歩きやすさでは、最近、流行っているロッカーソールといった仕様に

なっており、靴の返りが良いので、躓き難く、歩きやすいのが特徴です。

 

 ソールは厚底ですが見た目と比べて軽量です。

 

f:id:yamaaku:20211022171711j:plain

 

 デザインもシンプルで、

スポーツブランドのスニーカーと比較してもカッコイイです。

f:id:yamaaku:20211022171718j:plain

 ソールは軽量化で部分的に補強ラバーをつま先、踵などに付いています。

 

f:id:yamaaku:20211022171703j:plain


 靴のイメージでは、

ナイキ リアクトの雰囲気もあります。

 

 主な特徴では、

シームレスで縫い目がなく、制菌加工で衛生的です。

また、このタイプのスニーカーとしては、洗濯可能な所など、

衛生面に気を使った所などポイントです。

 

 スニーカーで気になるのは、洗うと接着剤が剥がれたり、

劣化しやすいイメージもありますが、こちらは、洗濯可能になっているので、

靴が汚くなった時、劣化を覚悟の上で洗うみたいになりますが、こちらは、その点、良い点です。

 

 気になる価格は、8800円税込みと、

スポーツスブランドのスニーカーと比較しても、

比較的普及価格になっているのもおすすめポイントです。

 

 サイズ感では、スニーカーサイズで

選ぶより通常の靴サイズで選ぶ感じです。

 

 革靴で普段25の場合は25みたいな感じです。

 


 

 

 

革靴とスニーカー、履く頻度が高いのはどっち❔の話

 靴の持つ。持たない。は、

基本的に履く頻度、履き方、サイズ感などで違って来る。と、言われています。

 

 私がこの2年間、履き比べてみた結果では、

ソールの減り具合では、特別大差が無かったです。

 

 特別スニーカーだから減りが早いとか、

革靴のソールの方が耐久性が高い。みたいな明確な差は、分からなかったです。

 

 クレープソールやスーパーで買った

スポンジみたいな感じのソールでは比較的減りが早い印象でしたが、

普通にナイキのスニーカーやリーガルの靴など1万円以上の靴になると、

ソールの減り具合では、あまり差が分からなかったです。

 

 ほとんど強度が同じ場合では、

靴のアウトソールの厚さで変わって来る所もあります。

 

 シューグーで補強も可能なので

踵のソールの減り具合だけで、持つ、持たないで、

決めるのも早計な所もあります。

 

 


 

 

 塗るコツでは、ある程度重ね塗りをして

厚めに補強しておくと、比較的長持ちします。

 

 初めは少な目に塗っていましたが、

5mm以上、厚めに塗っておくと減りが遅くなりました。

塗りが薄いとすぐに削れやすいみたいです。

 

 他ではアッパーのダメージもあります。

こっちになると、履く頻度に比例しやすいと思います。

 

 また、きつめだったりすると、

その部分が伸びたりストレスを与えるので、破れやすくなります。

 

 

 スニーカーの経年劣化については、

日常に履いている靴では、革靴でも傷や痛みも

出て来るので履く頻度が同じ立った場合では、特別優劣が付けにくいです。

 

 

 履く頻度では、

履き心地の良い靴を選んだ方が、疲れ難い所もあるので、

よく歩く日はスニーカー、少しドレスっぽい服そうに決めたい時は革靴になります。

 

 

ニューバランス CM996BP(D) BLAK(BP)は、定番モデルとして人気な理由

 ここ最近、また良く見かけるモデルの

1つとしてニューバランス996があります。

 

 ほとんど、素人目では574と996の違いは、分からない感じですが、

シルエットに差があります、細身な感じなのが996と言われたりしますが、

普通には分かり難いです。

 

 ただ、なんとなく996ぽい感じかな。と、雰囲気で分る所もあります。

多分、履いている方の年齢幅と男性、女性では、アディダス スタンスミスより、幅広い層で履かれているモデルと思います。

 

 バイクに乗っている学生や、

普段の買い物で歩いている主婦層、シニア層の方のウォーキングシューズまで

幅広く見かけます。

 

 Nロゴがやぼったい、ダサイ。と、いった意見もありますが、

Nロゴマークが目立つので、視認性が高く、交通安全上は、機能的に思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

New Balance ニューバランス スニーカー CM996BP(D) BLACK(BP)
価格:10626円(税込、送料無料) (2021/10/22時点)

楽天で購入

 

 

 見た感じは特別、派手過ぎず、

やっぱり歩きやすさ、履き心地の良さから人気があると思います。

 

 ホカオネオネを履いている方も、

たまに見かける事もありますが、服装などのマッチング性とか、

年齢層の幅広さ等では、ニューバランス996が強い感じです。

 

 ホカオネオネはダットスニーカー的な要素もあるので、

ダサカッコいい所もありますが、何かダサイ。になってしまう所もあります。

 

 アウトドアカジュアルなスタイルではマッチングしても、

アメカジ風とか、普通ぽさでは、ニューバランスの方が見慣れている感も

あるかも知れません。

 

 

 その他では、価格帯として普段に履くウォーキングの靴としては、

1万円くらいまでの靴が、普及価格帯になると思います。

 

 普通に履いて、おおよそ1,2年くらいで、

買い替える方も多いので、スニーカーは長持ちしないから。。。。

 

 みたいな人も居ますが、普通に履く分では、

必要な数だけ揃えて履く分では適正と考える所もあります。

 

 耐久性も大切ですが

履き心地や色々と痛み、汚れも目立つと、

2,3年で買い替えるのも適正と言えば適正な感じもあるからです。

 

 革靴については、

高級靴になると、修理して履いた方がメリットもありますが、

普段靴になるとやっぱり傷や痛みなども増えて来るので、

修理代と天秤を掛けると、買い替えた方が良い感じです。

 

 また普通ぽい靴は、あった方が良い面もあります。

ちょっとしたところに出掛ける時、あまり目立ちすぎる靴より、普通のスニーカーで、そこそこブランドの靴。みたいなのは、安心感もあるからです。

 

New Balance ニューバランス スニーカー CM996BP(D) BLACK(BP)

 

 

靴磨きも最近は、ブラッシング程度の話

 これまで、色々な靴磨き情報を見てきましたが、

最近の靴磨きは、ブラッシングになっています。ブラッシングを行うだけで、

埃など落とす事ができので、革のコンディションを保ちやすいみたいです。

 

 実際に昔買った古い革の財布も

何年か経っても、特別傷んでない状態だったりするので、

保管場所とたまにブラッシングを行ったりから拭き程度でも良い可能性もあります。

 

 靴磨きで鏡面磨きをする事など、

ユーチューブで色々紹介されていますが、革のコンディションなど気にすると、

やっぱり無理な靴磨きは、革を痛めてしまう可能性もあるので、最近は、あまりしなくなっています。

 

 他では靴クリームのベタ塗りも

革を痛める原因になるとか、色々言われています。

 

 革が傷む原因で1番なのは

雨に濡れて乾燥してしまうと革が硬くなってしまい油脂が飛ぶ事で

クラックが起こりやすくなるそうです。

 

 また、

履き皺が深く入るとクラックが起こりやすい。

 

 サイズが合ってないと

靴に無理が生じるので革を痛めてクラックが起こりやすくなるそうです。

 

 靴磨き情報もネット上では、

色々あるのでどれが正解❔みたいなのも分かりませんが、

それぞれのケアの仕方で違って来るみたいです。

 

 私の靴の場合、

3ヶ月から半年程度の割合で靴の状態をチェックする程度です。

 

 デリケートクリームも頻繁に塗る派の意見も多いですが、

私の所有している古い革靴では、ほとんどデリケートクリームを

塗った事が無かったにもかかわらず、特別、クラックが起きている靴は無いです。

 

 革が乾燥した感じになった時、

レザーローションを塗ったり靴クリームを塗る程度で十分なのかな❔

と思ったりしています。

 

 他ではブラッシングを行う程度の方が

靴のケアグッズの節約にもなるので、簡単で良いと考えています。

 

 

 

 

冬に履く靴は、厚底が厚めなタイプが良い❔話

 急に寒くなって来たので、服も暴風素材など風よけになる物を羽織っています。

また寒さも足元から、じわじわと浸透して来る時期になって来ました。

 

 今回は、そろそろ、冬支度に履く靴について、色々検証してみました。

 

 寒い時期でも

それ程冷えないのは厚底のスニーカーモデル

 

 私の住んでいる地域は、

極端に冷え込む地域でも無いので寒さ対策については、

あまり本格的に行っていませんが、基本的に厚底のスニーカーなど履くと、

冷え込みを抑えられます。革靴など一見、温かそうですが意外に保温性は低い感じです。インソールが革製のモデルなど履いた時、足が冷たく感じられたりしますが、長時間履いていると足持ちから冷え込んで来る事もあります。

 

 寒さ対策では、革靴の場合、

ポリウレタンソールで内張りが化学素材になっており

インソールも化学素材のモデルが温かいです。スニーカーも

基本的に化学素材で覆われており、インソールもスポンジタイプの物が付いている場合、案外温かいです。

 

 弱点では、メッシュの場合通気性が良いので、

バイクなど乗ると、内部に風が通るので冷たくなります。

 

 革靴も、アッパー部分が冷たくなると

寒さが伝わってきやすくなるので、対策としてはウール素材の

ソックスを履くのもおすすめです。

 

 冷え対策では、スニーカーソックスより

ハイソックスなど、足首まである方が良いです。

 

 他では、靴底に入れるホッカイロや

ボアタイプのインソールもあります。

 

 私の場合、そこまで極寒の地でもないので

効果については、試したことが無いので不明です。

 

あまりピン?とこなかった靴の話

 靴も色々なデザイン、ブランド、バリエーション、サイズ感など色々あります。

今回は、そういった靴の中で、評判の良かった靴を履いてみたけど、それほどピン❔とこなかった靴を紹介します。

 

 パラブーツ シャンボード

 

同時期ではサントーニの靴、レッドウィング、ニューバランス1700、

ニューバランス991、ナイキショックス、エアジョーダン12など所有していた頃になります。

 

 当時履いていた靴の履き心地と比較する所もあり、

当時では、それ程パラブーツは知られてなかった気もします。

 

 デザイン的に今はクールに見えても、

当時は、地味な色目に感じたり、こういったデザインの靴を

履いている人が周囲に誰も居なかった事もあり、あまりパッとしないまま、

履かなくなったところもあります。サイズ選びで失敗した所もありますが、

あまり履かない靴になってしまいました。

 


 

 

 レッドウィングエンジニアブーツ、ポストマンシューズ

 

 見た感じ、カッコイイので買いました。

ただ、1度履くと、中々靴が脱げなくなってしまう事から、

15分くらい、脱ぐのに苦しんだ事やスチールトゥ入りで重かった事もあり、

当時、犬を飼っていた時、散歩用で履いたりもしていました。

 

 スチールトゥ入りで重く、履いた後、他の靴を履くと

軽く感じられる効果があります。

 

 1度履いたら中々、脱げない事や

人込みの中で履いて誰かに足にぶつけたりすると、危ない事から、

実用面では、難しい靴になりました。

 


 

 

 私が購入したモデルは、

ポストマン 101 スチールトゥ入りモデルだった事もあり、

やっぱり靴が重すぎた事もあり、やっぱり誰かに足をぶつけたりすると

危ない事から履かなくなったモデルです。

 

 最近は、ゴアテックスモデルもリリースされたので、

また、履いて見たいモデルの1足です。

 


 

 

 その他にも色々ありますが、

やっぱり実用性と履き心地の面で後から堪えてくるケースが多かったです。

 

 他では、エアマックス95など、色々と騒がれていたけど、

実際に買って履いて見た感想では、思ったより普通の履き心地だった。

 

 ニューバランス2000も、

特別、1700と比べて、履き心地が格段に良かったとも感じられなかった。

 

 ナイキショックスも反発性は高かったけど、

長く履いていると、足が痛くなった。

 

 アシックスゲルキンセイも期待していた程、

履き心地が良くなく硬めだった。オリジナルモデルの合皮アッパーは、

足蒸れしやすかった。など、買ってみて期待外れだったり、ピンとこなかった

モデルもあります。

 

 


 

 

 

 最近では、スコッチグレイン

アウトレットオンラインモデルを

購入しましたがリーガルと同じくらいといった情報でしたが、

実際に履いてみると、靴の甲が高すぎた所もあり、あまり合わなかったです。

 

 紐をキチキチに締めても、

それ以上締める事が出来ないので靴が緩く感じられたからです。

 

 インソールを入れて、いくらか改善しましたが、

やっぱり靴選びではフィッティングが難しいです。

 

 

 

 ピンと来る、来ないのまとめ

 

 ピンとこなかった原因を探ると、

期待値が高かった割に実際に履いて見ると、あまりに似合わなかった。

履き心地が悪かった。足に合わなかった等があります。

 

 知り合いの方でも100足以上買い続けて、

足に合う靴が、殆どなかった。といった方もおり、

足に合う靴探しを含めると難しい所もあります。

 

 足に合うブランド、モデルが見つかったら、

それを履き続けるのも、1つの回答になると思います。

 

次に買う靴の新規購入のタイミングは何時になる❔話

 最近、購入した革靴は、9月に購入した

スコッチグレイン オンライン アウトレットストアで19800円のモデルでした。

10%オフ価格での購入で気持ち安く買えました。

 

 今現在では、2足買うと20%オフになるので、お買い得です。

 

スコッチグレイン・アウトレットストア

 

 ただ、2足買ってしまうと、

1年毎に買うペースでは来年は、買わない年になってしまうので、

2足買う理由が無いと中々、購入が難しい所もあります。

 

 私の場合、15足まで。と、

所有制限を行っているので、今所有している靴が履けなくなるか❔

手離す必要もあります。

 

 1足あたり、2,3年持つ計算では、

15足で30年から45年は、持つ計算になってしまうので、

30足揃えるとほぼ一生分になってしまう可能性もあります。

 

 

 実際の所、季節物の靴もあるので15足まで。

と、いった制限は、多い用でも少ない所もあります。

たとえば、ブーツ、スニーカー、サンダル、フォーマルシューズ、ビジネスシューズ、カジュアルシューズ、デザイン物など含めると数がけっこう増えます。

 

 スニーカーもブランドで揃えると、ナイキ、ニューバランスアディダス、アシックス、革靴も、リーガル、スコッチグレイン、三陽山長、トリッカーズなど色々なブランドの靴を1足ずつ所有してしまうと15足以上になってしまう所もあります。

 

 実際には、同時期間にどのくらい所持して、

汚れたりダメージを受けたら買い替えて行く形式なので、

平均的に割り出す事は難しいです。個人的にスニーカーなど履き方によっては、

破れたり、汚れが目立ったりする所もあるので、1年くらいで、けっこう汚くなって買い替えるケースも多いと思います。

 

 私の靴チェックでは、普段履きにして

ガシガシ履くと、2年くらいすると、やっぱり傷が

あちこち目立って来たり汚れも付くので、簡単な様でも

意外に難しいと思う所もあります。

 

 車も毎日10年間乗って

無傷な状態を保つのは、意外にハードルが高い所もあります。

 

 購入タイミングは、当人次第の所が大きいと思います。

 

 革靴をあまり履かない人では、

10年くらい経っても履ける状態であれば履けるので、

実際にダメになって買い替える頻度は、状況で変化すると考えています。

 

 

 他では、例えば、セールス品など、

気になるモデルが見つかれば、買う事もあると思います。

 

 また、新製品がリリースれたり、

たまたま雑誌などで見た靴のデザインに惚れて買うケースもあります。

 

 ネット通販では、

靴のREGAL公式通販サイトなど、チェックしていて、

気になるモデルがあると、欲しくなる事もあります。

 

 

レイマーもスキンステッチモデルなど、見た感じ欲しくなる所もあります。

store.shopping.yahoo.co.jp

 

  ただ、あまり履く機会が

少なそうなモデルなので、趣味の靴になりそうです。

 

 今の所、所有靴を履き込んでからの方針なので、

後2年くらい過ぎてからの方が、靴も傷んで来たりして、

数も多少は減って来るかなと考えています。

 

 他では、毎月靴貯金をして、

欲しい靴の代金を貯めて行くのもおすすめです。